• FXから学んだ事人生論
  • アイ外為.com

FXの取引方法について見直しましょう

※この記事はFX業者で既に口座を開設していることを前提にした内容です。

・簡単な取引の流れ: 新規注文(発注):為替レートやチャートで予想を立てたら、希望の取引を開始します。画面の買いボタンもしくは売りボタンをクリックし、数量を確定します。取引成立:売買が成立した状態をポジションといいます。(買いポジション、売りポジションのように使います)決済注文:保有中の銘柄を選び、数量を決めて決済し損益を確定させます。次に取引の流れについて、もう少し具体的に説明をします。

oiurere取引を始めるにはまず通貨を保有します。FXでは「買ってから売る」「売ってから買う」という相対的な取引がされます。売買が成立して取引を保有している状態をポジションを持つという言い方をします。

例:ドル円を取引する場合為替レートやチャートを分析し、ドルが円に対して上昇トレンドだと予想した場合は、買いポジションを保有します。ドルが円に対して下降トレンドだと予想した場合は、売りポジションを保有します。

参考ウェブサイト: ディール.com

USD/JPYというボタンをクリックすると成り行き注文の画面が出てきます。成り行き注文というのは最もシンプルな注文方法で、購入ボタンのクリックと同時にレートが変動(スリップ)した場合、変動後のレートで購入するというものです。そうしてポジションを保有または決済が完了した場合も約定したといいます。

成り行き注文をする場合には数量と許容スリップ(スリッページ/詳細は下記)を入力して買いボタンまたは売りボタンをクリックすれば、そのレートで購入することができます。数量3であれば3ロットと呼び、1万通貨単位の場合だと3万通貨分を購入することになります。

・許容スリップ(スリッページ)とは: レートの変動が激しく約定し難いときに、注文を出したときの値段との差額をどこまで強要するかという設定です。スリップ1と設定した場合、スリップ0や1以外の条件では約定しない=注文をキャンセルするということになります。この設定は各FX業者の約定力(システムの強さ)によりどの程度のスリップを許容できるかを考えましょう。

・手数料(スプレッド)について: FX取引でいうスプレッドとは売値と買値の価格差を指します。FX業者はこのスプレッドの中から利益を得ています。例えば1万通貨単位で取引をする場合、スプレッドが1で100円の計算になるので、スプレッド1なら100円、スプレッド2なら200円の手数料を業者に支払っていることになります。つまりスプレッドが小さい業者のほうが手数料が低い、ということになります。他にもFXには、自分がいないときにも自動で取引できる指し値注文、逆指し値注文などの取引方法があります。FXも始めてみればそれほど複雑な 取引でないことが分かりますが、もっとシンプルなオンライン取引から始めたい、という方には、バイナリーオプションがお勧めです。24オプションという業者はEU内で正式に認可されている信頼できるバイナリーオプション専門業者で、サポート体制がしっかりしています。初心者の方には丁度いいと思います。