• FXから学んだ事人生論
  • アイ外為.com

取引手数料が低額であること

・ FX取引の魅力

海外FXの魅力は何と行っても取引手数料が低額であることです。FXに限らず通貨を交換する際には手数料がかかります。例えば円を米ドルに変える場合、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円ですが、FXでは無料~20銭と非常に低額なのです。取引額が大きくなるほど、その差は歴然です。例えば1万ドルを買って、円に戻すという作業をした場合、FXでは手数料の合計は200円程度、外貨預金では20,000円です。同じ作業でこれだけ差がでるのです。

gi8a743 これはつまり利息の中から2万円分マイナスになるのと同じことです。手数料が低額というのは取引においてとても重要なファクターです。手数料が安いFXはそのぶん儲かりやすいといえます。FXの手数料がこれほど安いのは業者の競争が激しいという事情があります。ひとくちに取引業者といってももそれぞれ得意分野と苦手分野があるので、複数の業者で口座を開設して特長をつかむことをおすすめします。

・円高にもつよいFX:FXは売り注文でも利益をだすことができます。下降トレンドだと判断すれば売り注文を出して、上昇トレンドだと思えば買い注文を出します。FXが円高でも利益をだせるのはこの売り注文が可能だからです。

・外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)の違いは?:高い利息が得られる人気の外貨預金ですが、前述の通り手数料が高いというデメリットがあります。実はFXでも中期または長期間外貨を買うことも可能です。FXには外貨預金の金利と同じようなスワップポイント(スワップ金利)というものがあります。これは2通貨の金利差から利益を得るものです。外貨預金とFXの違いについてまとめてみましょう。

・取扱業者の違い:外貨預金は銀行、FXは証券会社などが取り扱っています。

 ・取引の違い:外貨預金は買い取引のみですので、購入した(預金した)外貨が上昇したときのみ利益を得ることができます。 FX取引は買いと売りの両方の取引があり、利益を出しやすいといえます。

・取引レートの違い:外貨預金は日ごとに決められた固定レートです。FXは為替レートの変動にあわせていつでも柔軟に取引ができます。またこれらのレートは携帯やパソコンからいつでも確認することが出来ます。

・取引時間の違い:外貨預金は銀行の窓口営業時間のみ、FXは平日24時間取引可能。

管理人一押しのFX業者にハイローオーストラリアとXM.comがあります。この二つの業者を選んだ決め手は、双方キプロス証券委員会認可を受けており、また、投資家保護基金にも加入しており信頼できることです。