• FXから学んだ事人生論
  • アイ外為.com

短期間の取引=デイトレードとは

「デイトレ」と呼ばれているデイトレードは、一日を一定の期間と携えて取引することを意味しています。ポジションを限定された一日という時間内に売却するトレード方法であり、短時間で、小さな幅の利益を重ねていくのがデイトレードの目的です。デイトレードの最大の魅力は、翌日に取引を持ち越さないことにあります。

hoiu8e これにより株価の大暴落や急激な市場変化などの影響を避けることができるからです。24時間相場に動きがあるFXは、世界各国の経済に関するニュースや情勢などが大きく影響してきます。ポジションを保有していて、翌日になると世界の情勢がガラリと変わっていて、急激にマイナスになっていたというようなケースは少なくありません。デイトレードは、リアルタイムの情報が最重要。日々の情報を細かく収集し、常にタイミングを見計らって売買することがポイントです。このような点からも、比較をする際には、重要な鍵となるアップデート情報を教えてくれる業者を選ぶことが大切です。

ポジションを保有する時間が短時間なので、為替損益のリスクも低く抑えることができますし、小さな投資額で大きな利益を得るような取引も実現できます。これからFXを始めようと検討している方で、最初は小さな投資金から始めたいと考えている方にもピッタリです。

デイトレードが人気を集めている理由はこれらの魅力からなのです。また、FXの取引口座手数料は比較的安く設定されていますが、1日に複数回取引すると、どれだけ安い手数料でもコストはかさみます。FXだけでなく必勝法を構築する際、こういった手数料にかかるコスト管理も十分に把握しておくことが大切です。

デイトレードの取引、具体的には?

デイトレードは1日といった短期間ですが、その間は為替レートを常に見ている必要があります。動きを常に追うことが重要になるので、時間に余裕がある人向けのトレードスタイルです。

デイトレード、取引必勝方法は

大きな利益を得ようとするのではなく、小さな利益をコツコツと積み重ねるというように意識することが大切とはよく言われますが、実は逆パターンで成功する場合が私自身の戦略です。例えば、コツコツと小さな利益を重ねるパターンの場合、6割の勝率をあげなければ利益は生まれません。勝率が6割に達するまで、少額取引を試しながら、為替損益とスプレッドやスリップデータを常に分析しながらデイトレードを続けてみました。勝率6割に届きましたが、4割の負けが大きく、結局ほとんどプラスにならないということがわかったのです。

ここで、小さく負けることが大切だと言う点を学び、「小さく負けて大きな利益を生む」という方法に戦略を転換してみたところ、自分にはこちらの方が適していました。その人、その人によって取引スタイルは異なるかもしれませんが、とにかく取引の基本的な概念や特徴を理解することが大切です。デイトレードの場合、とにかくリアルタイムの最新情報を収集すること、そこから素早い分析と判断によって売買のタイミングを測る事が重要になります。また、タイミングを逃さないメンタル面の強さもデイトレードには欠かせない要素です。

リスク管理も同時に考えられる冷静な判断力と、損得のバランスも考えられる柔軟さが必要となります。少額投資から大きな取引を可能にするレバレッジの活用も、デイトレードには欠かせません。レバレッジをうまく活かすには、倍率についてしっかり理解し知識をつけておくことが大切です。

デイトレードの最大メリット

積極的にデイトレードを行うようになると、世界情勢や経済状況の情報をリアルタイムに集めるようになるため、豊富な知識がつきます。これは外貨関連、その他の金融商品取引にも十分に活かせるようになるメリットになります。