• FXから学んだ事人生論
  • アイ外為.com

ボリンジャーバンドを使いこなそう!

FXやバイナリーオプションでは様々なテクニカルチャート・テクニカル分析のツールが使われていますが、その中でも代表的な存在が「ボリンジャー・バンド」です。
ジョン・ボリンジャー氏が考案したこのテクニカル指標は、「移動平均線」と「標準偏差」で構成されています。
移動平均線を中心として、そこからどの程度離れているか、中心から剥離しすぎた場合の反転の目安がラインとして引かれているのです。
中心からの剥離は上昇・下降両方に向かって起こり得るものですから、もちろん反転する目安のライン(バンド)も上下に引かれます。
上側の線がボリンジャーバンドの「上バンド(上ライン)」、下側の線は「下バンド(下ライン)」となるわけですね。
ボリンジャーバンドはFXでもバイナリーオプションでも利用することができますが、今回はバイナリーオプション取引時の基礎的なタイミングの狙い方についてご紹介していきましょう。


≪買いエントリー≫

レートが移動平均線から剥離し、下バンドを越えた時がエントリーポイントとなります。
上バンドを抜けた点で利益確定ポイントとします。
ロスカット設定には個人差もありますが、下バンドを割り込んだ点で設定するのが一般的です。


≪売りエントリー≫

レートが移動平均線から剥離し、上バンドを越えた時がエントリーポイントとなります。
下バンドを抜けた点で利益確定ポイントとします。
上バンドを抜けた時点でロスカットとするのが一般的です。

超短期的なスパンで行うバイナリーオプションでは、ボリンジャーバンドは「逆張り」(トレンドと反した売買を行うこと)の目安として扱うのが原則となっています。
ただし逆張りはその名の通り周囲の動きに反する売買であるため、予測を外してしまう可能性が高いことも否定できません。
このリスクを軽減するために、ボリンジャーバンドはエントリーポイントとして使用するよりも、利益確定及びロスカットの目安として扱われることが多い指標となっています。

基礎的かつ理論的なタイミングは上記説明のとおりですが、実際には利益確定の場合には上下バンドのやや手前を利益確定ポイントとしているトレーダーがほとんど。
またロスカットの場合には、上下バンドをやや抜けてからに設定をしているパターンが多いので、投資ビギナーの場合にもこの方法を取り入れておくと良いでしょう。

ロスカットの設定には迷うところも多いですが、例えばバイナリーオプションの人気業者であるTradeRush等の場合には「追証ゼロ」のサービス制度が盛り込まれており、投資が初めてという人でも安心して参加できます。
またキャッシュバックや入金ボーナス等のキャンペーン展開も多彩なので、選択肢の一つに入れておくのがオススメです。

初めのうちはボリンジャーバンド等のテクニカル指標は「難しい」と感じられるかもしれませんが、一度仕組みを覚えてしまえば、視覚的にタイミングを会得できるようになり非常に便利なものです。
また最近では上記「トレードラッシュ」でボリンジャーバンド等のツールを使ったアドバイスサービスも行われていますので、ツール分析の扱い方に不安がある人は使ってみてはいかがでしょうか?