• FXから学んだ事人生論
  • アイ外為.com

FXとバイナリーオプションを比較する

FXとバイナリーオプションは、日本国内ではどちらも主に通貨を銘柄にしており、同じ取引き業者が、この両方の金融商品を取り扱ったりすることなどから、しばしば同一視されることがあります。
しかしながら、この2つは全く別のものであり、取引きのルール、利益などの上げ方、それを使って資産の運用をする際のメリットとデメリットについても、大きな違いがあるのです。
したがって、この2つを比べてどちらが優れている、劣っているという事は出来ないため、理解を深め、FX取引とバイナリーオプションの双方を理解して、適材適所で投資取引を行っていくことが最良だと思われます。

FXは、異なる2つの通貨を1組のペアとし、外国為替市場の為替相場のレート変動を利用して、お互いに売買を繰り返していきながら、その為替差益を求めていく投資取引になります。
このように、FXでは取引業者を介して実際の通貨を売買していきます。新規注文を立てて、買ったり売ったりして通貨を保持し、為替レートの変動でその通貨の価値が変わったところで、決済の注文をいれて利益や損失を確定し、その通貨の保持を解消していくことになります。
FXの特徴としては、為替レートの変動によって利益も損失もどちらも自らでコントロールすることができ、また一回の取引きの時間についても、任意で決めることができる自由度があります。

バイナリーオプションは、ある物の価値が、定めた一定の期間のあいだに、予め決められている条件を達成するかしないか、という事柄に対して投資を行い、予測が当たれば配当金が受取れ、外れれば投資した金額が失われます。
バイナリーオプションでは、物を実際に売り買いしていくのではなく、その物を売買する権利を銘柄としており、為替変動の大きさによって利益、損失の大小は決定されず、投資をした段階で最大損失と最大利益が決まっています。
実際の物を売買しないために、銘柄に挙げられる物についてはいろいろなものが存在し、企業株や株価指標、資源物などがあります。
また、予め決められている条件が変わることで、銘柄に様々なバリエーションが存在し、価値が予め定めた値よりも上になるか下になるかを予測するハイ&ローオプションや、一定の期間のあいだ、決められた値に到達するかしないかを予測するタッチオプションなどがあり、これらは、業者によってそれぞれに違いがあります。

こうしたことから、FXの方が自由度が高く利益を大きく上げられる反面、万が一の損失が投資金額を上回る場合もあり、為替相場をしっかりと予測する必要があるでしょう。
また、バイナリーオプションは、利益と損失の額があらかじめ決まっているために、投資取引きで最重要とされるリスクコントロールが簡単に行える反面、一回に大きな利益を求めることができず、戦略を組み立てての利益増大、損失減少といったことが行いないことが挙げられます。

このように、FXとバイナリーオプションは、その住み分けができるほどに違う投資取引になります。実際に2つの取引きを同時に行い、危険な相場では安全性の高いバイナリーオプションを、大きな利益を見込めるときはFXという具合に使い分けをしている投資家も大勢いますので、これを機会に2つの取引きを実際に比べてみるのも良いかもしれません。